出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。

出前館配達員-給料

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

みなさんこんにちは。この記事では、

「出前館の配達員ってぶっちゃけ稼げるの?時給換算どのくらい?」

「Uber Eats(ウーバーイーツ)とかもあるけど、どっちの方が稼げるの?」

というものすごく気になる給料面や収入面を特に解説していきます。

出前館の配達員はバイトの給料・時給・収入より稼げる?

地域によりますが、答えは「多くの場合YES」です。目安としては下記の通り。

出前館の配達員の給料換算・時給換算の目安

時給換算1400円〜2100円が相場です。

なぜなら、出前館の配達員は配達するエリアごとに1件あたりの単価が決まっているからです。

配達エリア・地域 報酬(1件あたり)
東京/千葉/埼玉/神奈川 (税込)715円
地方エリア (税込)660円
沖縄エリア (税込)550円

上記のように報酬単価が決まっており、おおよそ1時間に2件~3件配達することが可能です。

例えば東京エリアの方であれば、1時間に2件配達すれば1430円。1時間に3件配達すれば、2145円になります。

出前館の配達員の報酬の仕組みは?バイトより稼げる?

出前館の配達員の報酬には、下記の2つがあります。

  1. 1件配達ごとの固定報酬
  2. インセンティブ(追加報酬)

① 1件配達ごとの固定報酬

繰り返しになりますが、下記のように、出前館では報酬が決まっています。

配達エリア・地域 報酬(1件あたり)
東京/千葉/埼玉/神奈川 (税込)715円
地方エリア (税込)660円
沖縄エリア (税込)550円

「何が他と違うの?」ってとこですが、普通は距離によって報酬が変わったり、時間帯によって報酬が変わったり、色々変わることが多いんですよね。

出前館は距離が短くても遠くに配達でも同じ料金なので、1件1件無駄に考えなくていいのがポイントです。

② インセンティブ(追加報酬)

出前館の配達員では、1.2倍~1.4倍などのインセンティブがあります。

1.4倍というのは例えば、東京付近のエリアの報酬が「1件715円から1件1001円になる」ということ。

1時間に3件配達すれば時給3003円、4件配達すれば時給4004円になります。やばいですよね。

(ちなみにベテラン中のベテランの人で、1時間に7件配達している猛者もいますw)

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)と何が違うのか。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとどっちが稼ぎやすいのかが気になっている方も多いと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)との稼ぎやすさの違い・実際の働き方の違いは下記のページでも解説しているので、ぜひ読んでみてください。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と出前館配達員の給料はどっちが稼げる?Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館稼げるのはどっち?【配達員が両方で仕事した結果】

出前館の配達員の報酬の支払日(給料日)はいつ?支払いは月2回!

出前館の配達員として仕事をした時のいわゆる「給料日」ですが、月2回のペースで支払われます。

具体的には、1日~15日に働いた分は「20日」に支払われます。16日~31日に働いた分は「翌月5日」

に銀行振り込みで支払われます。

仕事した期間 報酬の支払い日
1日~15日 その月の20日
16日~31日 翌月の5日

出前館の配達員をやって通常のバイトと比べて感じるメリット

フリーダム!自由!

「出前館のバイトって赤い制服着なきゃいけないんでしょ?」

と考えているあなた、詳しいですね。

ですが現在は、この出前館の業務委託の配達員は「赤い帽子」をかぶるだけでOKです。

服装も(あまりにだらしなくなければ)自由ですし、働く時間も自由です。

自分で好きな時間にアプリで仕事を開始して、好きな時間に終わることができます。

縛られないってなんて素敵なんでしょうか。

バイトの給料よりも報酬の振込が早い。月2回。

これは先ほども解説したので軽くにしますが、月2回って嬉しいですよ。

だって、以前仕事していた時、働いた分の給料が翌月25日とかで、下手したら仕事した日から6週間後とかですよ。

めっちゃ振り込みが早いので、登録だけしていつでも稼げるようにしといて、お金がきつい時だけ仕事する、的な働き方もありですね。

バイトよりも効率的に働くと時給があがる!

バイトって「時給〜円」で決まっていることがほとんど。

なので頑張ってもがんばらなくても給料が変わらないですよね。(楽したい人にはメリットかもだけど..)

出前館配達員の仕事は1件配達するごとに報酬が増えるので、

自分で「いかに効率的に多く配達するか」を考えながら仕事することで、どんどん効率よく稼げるようになっていきます。

頑張って稼ぎたい人には大きなメリットです。

出前館の配達員のUber Eats(ウーバーイーツ)(Uber Eats(ウーバーイーツ))と比較して感じるメリット・デメリット

「なんか聞けば聞くほど、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーってのと同じじゃない?」

と思う方もいるでしょう。出前館配達員とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを比較した際のメリット・デメリット

についても具体的にここで紹介しておきましょう。

遠くへの配達がない。1.5km程度が多い。

Uber Eats(ウーバーイーツ)はどこでも配達できるメリットがありますが、出前館は配達する時に拠点を決めます。

そのため、基本的にその拠点以外のエリアで配達することはありません。

例えば、東京の「八丁堀エリア」で配達する出前館配達パートナーであれば、

「日本橋」「神田」「新橋」「銀座」「神田」

のエリアで配達を行います。これらは南〜北3km程度、東〜西が2km程度の距離です。

もちろん上記はエリアの中で端から端の距離なので、その半分くらいの1.5km程度が多くなります。

自転車の場合、3kmは「結構遠いな」で、4kmは「キツイな」という感じです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)だと4kmの配達も普通にあるので、それがないのは嬉しいですね。

地域・エリアが固定なので、効率的なルートを覚えて効率よく稼げるようになる。

上記でお伝えした通りですが、エリアが固定だと、「よく呼ばれるお店」だったり、「信号待ちしにくいルート」を覚えられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)だと東京都内でも渋谷に行ったり六本木だったり豊洲だったり、いろんな場所に飛ばされるので、たくさん配達してようやく、「効率よくなってきたかな」という感じですが、

決められた範囲内での配達であればあっという間に裏道も覚えられますね。

配達効率が上がる=時給換算が上がる

なので、めっちゃ嬉しいです。

事前に店舗&お届け先まで確認できる。さらに4件までストックして受付が可能。

出前館の配達員の場合、料理を受け取る前に

「お店の場所」

「注文者の場所」

が表示されるので、お店に向かっている最中から、ルートを考えることができちゃいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は毎週報酬が支払われるので、それに比べると月2回は遅く感じる。

一つ、Uber Eats(ウーバーイーツ)に感じてデメリットなのは、月2回の報酬の支払いペース。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は毎週、報酬の支払いがあるので、それに比べると遅く感じますね。

まあでも、月2回でも十分早いので、良しとしましょう。

報酬が早いUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに興味がある人には、下記の記事もおすすめです。

>>【人気記事】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのバイト給料

出前館の配達員をやって通常のバイトと比べて感じるデメリット

通常のバイトと比べて感じるデメリットですが、考えられるのは下記の通りです。

冬は外だから寒いのはある。手袋・ハンドクリーム必須。

外で自転車を漕ぐので、冬は寒いですよ。でも事前にヒートテック着てけば、自転車漕いでいるうちに暖かくなるので個人的には大丈夫です。

手袋したり、ハンドクリームを塗って対策しましょ〜ねという感じです。

時より、バイト仲間が欲しくなる。

やっぱり一人での配達の仕事なので、途中で会話する人が欲しくなりますね。

まあ、普段から人と話すことが多かったり、友達多い人は全く問題ないでしょう!w

出前館の配達員の登録方法

出前館配達員の登録方法は以下の通り。ほとんどwebで登録が完了します。

STEP.1
web登録説明会の予約
こちらからweb登録説明会の予約をします。

STEP.2
書類の提出
免許証などの本人確認書類の提出を行います。

STEP.3
研修テストを受講
動画で受けた講義内容のチェックテストです。簡単に終了します。

STEP.4
自分の配達拠点でアプリ研修
配達で使用するアプリの研修を受けます。 
注意

現在は、初回稼働日に配達拠点に行く必要がなくなり、全てオンライン上で登録が完結するようになりました!

出前館の配達員の給料をたくさん稼ぐ方法・コツ

たくさん稼ぐコツは、

  1. 信号待ちしなくていいルートを覚えるように意識しながら配達する
  2. 住所を見ただけで場所が分かるように位置関係を覚える

の2つです。

① 信号待ちしなくていいルートを覚えるように意識しながら配達する

配達中、一番時間がかかるのはどこかわかりますか?そうです。信号待ちです。

信号待ちで平気で3分~4分待つことがありますよね。そして待つかどうかは「運」次第です。

なので、「最初から信号を使わなくていいルート」を使えるように、毎回の配達をするたびに意識するようにしましょう。

毎回配達するたびに意識していれば、自然と効率が上がってきます。

② 住所を見ただけで場所が分かるように位置関係を覚える

アプリでで料理を受け取るお店の住所と、料理を注文した人の住所の2つが表示されます。

この時、「場所が分からないからGoogle Mapで確認しよう。」

と途中で止まったり、mapをチラチラ確認しながら進むとタイムロスが生まれます。

できるだけ住所が表示されたらどこの通りあるのか、すぐにポイントが浮かぶように配達しながら少しずつ覚えていくようにしましょう。

この2つが稼ぐためのポイント・コツです。頑張りましょう!

出前館の配達員は女性もできる?

補足ですが、出前館の配達員は女性で配達している方も多くいます。

最近ではUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの女性も増えてきましたよね。

実際、運ぶ料理自体はそんなに重くないですし、Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べると長距離の配達が少ないので、

出前館の方が女性にとっては体力的に配達しやすいかもしれません。

女性の方もぜひ、出前館配達員デビューしてみてくださいね!

出前館の配達員は確定申告が必要なのか。人によって異なる。

出前館の配達員は収入によって、確定申告が必要です。

他に収入源がない場合は38万円を超えたら確定申告

現在、会社員や他のアルバイトをしていない人は、年間(1月1日~12月31日)の所得(収入-経費)が38万円を超えたら確定申告が必要になります。

先ほどからお伝えしてきた「稼いだ金額」が「収入」で、そこから経費(スマホホルダーのお金や、配達のための自転車にかかるお金、他の配達パートナーの方との情報交換の際の交際費など)を引いた残りが38万円を超えた場合に確定申告をします。

  • そもそも売り上げが38万円を超えていない
  • 経費を引いたら所得が38万円超えなかった

という場合は「確定申告」は不要です。

副業で配達している人は20万円を超えたら確定申告

会社員として働きながら副業として配達員をしている方は、1月1日~12月31日の所得(1年間の配達収入-経費)が20万円を超えた時に確定申告が必要になります。

アルバイトしている人はアルバイトの収入と合算で38万円を超えたら確定申告(ただし控除が大きい)

アルバイトの給与所得(給料−給与所得控除65万円)+【配達収入ー経費】

の合計額が1月1日~ 12月31日の1年間で38万円を超えたら確定申告が必要になります。

まとめ

出前館の配達パートナーの収入・稼ぎについて解説していきました。

人が足りていない今が大チャンスです!

少しでも興味がある人は、web登録説明会で話だけ聞いてみてもいいかもしれません。

人気記事
出前館の業務委託配達員の給料や収入について解説しています。 出前館配達員-給料出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。