出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)どちらが稼げる?仕組みや違いから徹底解説

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)は、フードデリバリーサービスとして多くのユーザーから支持や注目を集めています。

ですが、配達員としては「どちらの方が稼げるのか」などが気になるところです。

ここでは、配達員としての仕事に興味のある方や、これから配達員として働く方などに、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の特徴や違いなどから、

  • 出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬システム
  • 出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット

これらのことを中心に詳しく解説していきます。

出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬システム

出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)は提供するサービスの内容こそは同じですが、報酬システムに関しては大きな違いがあります。

ここではまず、出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)それぞれの報酬システムを詳しく見ていきましょう。

出前館の報酬システム

出前館では働き方のスタイルを2つのパターンから選ぶことができるため、報酬のシステムも2パターンあります。

業務委託とアルバイト

出前館では出前館のアルバイトとして働くスタイルと、業務委託として出前館から仕事を受けるスタイルの、2つのパターンがあります。

アルバイトの場合は、出前館の従業員として働くため、勤務時間に応じて給料が貰える一般的なアルバイト形式で報酬が発生します。

業務委託の場合は個人事業主として仕事を受けるため、1件当たりに対しての配達料金が報酬となります。

業務委託配達員の配達単価は?

出前館での業務委託による配達員は「業務委託配達員」と呼び、1件ごとの配達に応じて報酬が貰えます。

報酬の単価はエリアによって差があり、例えば東京都であれば715円、大阪府であれば660円と活動する拠点・エリアによって差があります。

因みに、距離による追加料金は発生しません。

エリア別の配達単価
  • 東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県 715円
  • 宮城県・愛知県 660円
  • 大阪府・兵庫県 660円
  • 広島県・福岡県・鹿児島県 660円
  • 沖縄県 550円

因みに、出前館のアルバイトとして配達員を行う際の時給は、1000円~1300円となっており、一般的なアルバイトと比べ、少し高めの設定だといえます。

ポイント
やはり人口密度が高く需要が高い関東エリアに、配達単価が高い傾向があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬システム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達員の場合は、出前館とは違い仕事のスタイルは業務委託形式でのみとなっています。

ですので、配達員として得られることのできる報酬は、全て1件当たりに発生する配達料金になりますが、計算方式が出前館とは大きく異なります。

3つの要素による報酬システム

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達単価は3つの要素から成り立っており、この3つの要素が報酬システムを理解する上でのポイントです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬の計算方式は「基本料金+インセンティブ-手数料」となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合も、エリアによる単価の差はありますが、そこからさらに距離料金やインセンティブなど、料金が変動する要素がいくつかあります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼ぐためにも、この報酬システムの理解は大きなポイントになります。

ポイントとなる3つの要素の詳細は以下の通りです。

基本料金

基本料金は、受け取り料金、受け渡し料金、距離料金、これら3つの料金の合計で決まり、この料金が報酬のベースとなります。

  • 受け取り料金 飲食店から料理を受け取った際に発生する料金
  • 受け渡し料金 料理を注文者に届けた際に発生する料金
  • 距離料金 配達距離に応じて発生する料金

受け取り料金、受け渡し料金はエリアによって、距離料金は配達した距離によって、それぞれ金額が変動します。

関東エリアの各料金
  • 受け取り料金 265円
  • 受け渡し料金 125円
  • 距離料金 60円/㎞
神奈川エリアの各料金
  • 受け取り料金 250円
  • 受け渡し料金 120円
  • 距離料金 60円/㎞
西日本エリアの各料金
  • 受け取り料金 215円
  • 受け渡し料金 105円
  • 距離料金 60円/㎞

エリアに応じての料金の違いはこのようになっています。

インセンティブ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬にはインセンティブの制度が設けられており、このインセンティブを理解し、上手く活用するのも、高額報酬を得るための大きなポイントです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のインセンティブには、ブースト・クエストなどが主にあります。

ブースト

需要の高い時間帯やエリアにおいて、基本料金に掛け算される数値のことで、基本は1.1倍~1.2倍ですが、エリアまた人によっては1.5倍~2倍のブーストが付くこともあります。

クエスト

特定の配達条件を満たすことで追加される料金のことで、例えば「12時~1時の間で○○件配達すれば追加で2000円」など、こちらもエリアや時間帯によって内容が異なります。

手数料

手数料はエリアに関係なく一律で基本料金から10%の金額が手数料として差し引かれます。

ですので、関東エリアで1kmの配達をした場合は440円の10%なので、44円が手数料として差し引かれます。

ポイント
出前館と同じくエリアによる単価の差はありますが、裁量によってより多くの報酬を稼ぐことが可能です。

出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット

ここからは、出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)これらの配達員に関してのメリットとデメリットを見ていきましょう。

出前館のメリット・デメリット

出前館のメリット・デメリットには以下のようなことがあります。

出前館のメリット・デメリット

メリット

  • スタイルを選んで働ける
  • 配達単価が高い

デメリット

  • 歩合制の場合はエリアが限定的

アルバイト形式と業務委託形式の2つのパターンから働き方を選べる点は、出前館ならではのメリットです。

例えば、歩合制に不安がある場合はアルバイトとして安定した収入を得ることも可能です。

ですが、業務委託の場合、配達単価が高いこともメリットとしてあります。

ですが、業務委託に対応しているエリアがまだ少なく、高い単価で配達できるエリアが限定的であることは、高額報酬を稼ぐ上ではデメリットになります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリット

一方のUber Eats(ウーバーイーツ)では、以下のようなことがメリット・デメリットとしてあります。

出前館のメリット・デメリット

メリット

  • 全国的にサービスを展開しているためエリアが広い
  • ライフスタイルに合わせやすい

デメリット

  • エリアによっては単価が低い

一番のメリットはライフスタイルに合わせやすいことで、時間による制約がなく、また仕事も進めやすいです。

そのため、計画的に稼ぎやすいことが大きなメリットとなります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)は配達のほとんどを業務委託で行っており、サービス展開も全国区なので、働く場所も選びやすく、地方でもUber Eats(ウーバーイーツ)の配達員として働きやすいです。

エリアが広いことがメリットですが、その分エリアによって単価に差があることがデメリットとしてあり、活動するエリアによっては単価に大きな差が生じることがあります。

単価では出前館・エリアではUber Eats(ウーバーイーツ)

上記のメリット・デメリットからもわかるように、配達の単価では出前館、エリアの広さではUber Eats(ウーバーイーツ)と、それぞれに独自のメリットがあることがわかります。

単価だけを見れば出前館の方が稼ぎやすく見えますが、その分業務委託に対応しているエリアが少ないため、高い単価で配達を行うにはエリアが限定されてしまいます。

また、エリアが少ない分ライバルも多いということにデメリットがあります。

一方のUber Eats(ウーバーイーツ)の場合は、対応しているエリアは広いことに大きなメリットがあります。

ですが、出前館よりも単価が低く、またエリアによって単価に差が生じることがデメリットにあり、こちらの場合はより計画的に仕事に取り組ことがポイントです。

自分にとって一番稼ぎやすい方を

各社のシステムや、メリット・デメリットからもわかるように、配達パートナーとして稼ぐためには、出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)それぞれの特徴やメリット・デメリットをしっかりと理解することが大事です。

自分のスタイルやエリアに応じて、仕事を行うのが最も重要なポイントになります。

ポイント
どちらの方が稼ぎやすいかは、互いの特徴やメリット・デメリットをしっかりと理解し、自分とって働きやすい方を選ぶことがポイントです。

まとめ

ここまで、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)の特徴や違いなどから、出前館・Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬システムや、メリット・デメリットなどを中心に詳しく解説してきました。

上記でもありましたが、より多く稼ぐためには、どちらの方が良いというのも大事ですが、どちらの方が自分のスタイルに合っているのかを、しっかりと分析するのがより大事です。

ライフスタイルや、動きやすさなどをしっかりと踏まえ、自分に一番合った方を選んで、計画的に仕事に取り組むようにしましょう。

人気記事
出前館の業務委託配達員の給料や収入について解説しています。 出前館配達員-給料出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です