Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均月収はどれくらい?他のデリバリーサービスと収入を比較!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均月収はどれくらい?他のデリバリーサービスと収入を比較!

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが稼げる!

そう聞いたことがある人も多いかもしれません。

2020年には、月収100万円を達成した人がいるということも取り上げられ大変話題となっています。

また、ストレスもなく、いつでも自由に働ける仕事でもあるため、

それまでの仕事を辞めて、専業でUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをする人もいるほど。

 

そんなUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは、どれくらいの月収が稼げるのか?

また、他のフードデリバリーサービスもたくさん出てきましたが、それらとも比較してどうなのか?を解説してきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の月収の仕組みを知ろう

まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の月収はどのような仕組みで、みんなどのように働いているのか?を簡単にまとめます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系を確認

Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬体系は何度か見直されてきており、全国で見ると2021年5月から新料金体系になったばかりです。

現在の報酬の仕組みは、ベース料金と配達調整金額の合算金額が1回あたりの報酬となっています。

  • ベース料金(以下の項目の合算金額)
    • 受取・受渡料金
    • 距離料金
    • 時間料金
  • 配達調整金額(以下の内容が加味され一元的に支払い)
    • 交通状況が混雑していた場合のインセンティブ
    • 受け取りの待ち時間が長かった場合のインセンティブ
    • 配達需要が高かった場合のインセンティブ

※「インセンティブ」:追加報酬・ボーナスのこと。

配達調整金額はブラックボックス化しており、同じような距離を配達しても全然違う金額になることがあります。

 

これらに加えて、Uber Eats(ウーバーイーツ)で特徴的な「クエスト」が加算されていきます。

以下のようなものです。

  • 日またぎクエスト(平日)
    • 月〜木曜日の間で「90回 or 110回配達」で 10,000円〜20,000円前後(今回は平均で15,000円とする)
  • 日またぎクエスト(週末)
    • 金〜日曜日の間で「65回 or 75回配達」で7,000円〜10,000円前後(今回は平均で8,500円とする)
  • 雨クエスト
    • 雨の日に臨時で出るクエスト(不定期で発生するため今回は対象外)

月収を計算する時には、日またぎクエストは大きいため、これらも含めて計算します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均的な働き方はどれくらい?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬体系がわかったところで、平均的な働き方を整理していきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを特に専業でやっている方は、日またぎクエストを必ず達成するように働いています。

1日30回前後の配達とすると、「月〜木曜日で1日休み」「金〜日曜日の間で1日休み」の週2日休みの人が多いように思います。

もちろん、何もなければ毎日働いているという人や、リクエストの少ない火曜日だけ休んでいるという人もいるでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)は働く時間が長いほど当然配達件数も伸びて報酬は増えますが、今回は以下を前提に考えます。

  • 週2日休み ひと月に22日間稼働
  • 9時〜22時まで稼働(内1時間は休憩)
  • 日またぎクエストはすべて達成する
  • 日またぎクエストの計算:15,000円 + 8,500円 = 23,500円 / 週 → 94,000円 / 月

それでは、実際にどれくらいUber Eats(ウーバーイーツ)で稼げるか?を解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均月収は?実際に働いたデータで試算

Uber Eats(ウーバーイーツ)の平均月収は?実際に働いたデータで試算

今回は、都内での平均月収を計算していきます。

自転車の場合とバイクの場合でそれぞれみていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)都内で自転車稼働した場合の平均月収

自転車稼働した場合、複数の方の実績をお聞きした上での1日の平均だと、専業で働く人ならだいたい以下のような数字になります。

<1日の平均配達>

  • 配達回数:33回程度
  • 配達単価:550円程度
  • 働く時間:9時〜22時(間に1時間休憩し12時間)
  • 月間22日稼働

<月間での報酬計算>

  • 33回 x 550円 = 18,150円(1日の平均報酬)
  • 18,150円 x 22日 = 399,300円
  • 日またぎクエスト報酬 94,000円 / 月
  • 399,300円 + 94,000円 = 493,300円(1日の報酬と日またぎクエストの合計)

週2回休んでも、しっかり稼働すれば約50万円近い金額です!

クエストを必ず達成する必要があるので、1日に最低33回を平均目標におく必要があります。

多い人だと50回もやる人がいるそうですが、自転車の場合、体力的な問題があり30回を超えると普通の人は結構疲れます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)都内でバイク稼働した場合の平均月収

それでは、今度はバイク稼働した場合の平均月収を考えてみましょう。

これも、複数の方の稼働状況をお聞きして算出しています。

<1日の平均配達>

  • 配達回数:35回程度
  • 配達単価:650円程度
  • 働く時間:9時〜22時(間に1時間休憩し12時間)
  • 月間22日稼働

<月間での報酬計算>

  • 35回 x 650円 = 22,750円(1日の平均報酬)
  • 22,750円 x 22日 = 500,500円
  • 日またぎクエスト報酬 94,000円 / 月
  • 500,500円 + 94,000円 = 594,500円(1日の報酬と日またぎクエストの合計)

自転車の場合と比べて10万円近くアップし約60万円となっています!

もちろん、バイクの購入費用やガソリン代などもかかりますが、それにしてもかなりの金額といえますね。

普通のサラリーマンだと、20代なら額面で30万〜40万円くらい、手取りにすると20万円台となる場合が多いと思いますのでUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで稼ごうと考える人が多いのもうなずける結果といえます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の収入を無理なく上げるには?

もちろん、これらの金額は平均であり、もっと稼いでいる人もいます。

主にどんな点に気を付けて稼いでいるのか、簡単に解説していきます。

早速ですが、以下の3点が、特に意識するポイントといえます。

  1. 道を覚えて効率的に配達をする
  2. 1時間あたり3件以上を目標におく
  3. シミ・ブーストなど報酬の高いエリアに必ず止まるようにする

まず、配達の仕事ですので、道を覚えることはマストです。

特に稼いでいる人は、何丁目ならどの辺かまでは把握できるといいます。

例えば、渋谷を中心に稼働している人が、下北沢方面の「北沢」という住所を見た時に、1丁目なら比較的すぐに着くからリクエストをとるが、それ以外は遠くなるから取らない。

こんなふうに判断ができるようになるわけです。

 

そして、ただ漫然と配達するのではなく

「1時間に最低3件は配達する」という意識をもつとリクエストを受けるか判断する上での基準を持つことができるようになります。

例えば、いいリクエストが来ないが、このまま取らないと2件/時間になるという時は、多少思惑と違うリクエストでも取っていく必要があります。

 

そして、基本中の基本ですがシミ・ブーストと呼ばれる報酬が高いエリアがあるので、ここの配達を必ず取り続けるようにします。

シミの場合、100円〜200円も、1件あたりの報酬が変わってきます。

これを取らないと、上述した平均単価を大きく下げてしまうので、必ずシミ・ブーストを取り続けることを前提に動きましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)最高月収は100万円越え!?

「平均の報酬はわかったけど、最高ではどれくらい稼げるのか?」

多くの人が、稼げるからUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをやろう!と考えるでしょうから、最高月収は気になるところでしょう。

2020年5月に、月収100万円を獲得したと話題になった人がいます。

「大村達郎さん」という方です。

どんな方なのか、簡単にまとめてみます!

月収100万円超えUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはどんな人?

大村さんは、元々、メッセンジャーの仕事をされていた方だそうです。

月収100万円越えを達成した時点で、だいたい2年間くらいUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働されています。

ファッションにはこだわりがあるそうで、配達の仕事からそのまま遊びに繰り出せるようなお洒落な格好で働いているんだとか。

 

大村さんは、メッセンジャーの経験もあるため、Uber Eats(ウーバーイーツ)を始めてからすぐに稼げるようになり、それまでも月収80万円は達成していたそうです。

そんな中、コロナウィルスの影響が大きくなった2020年4月に40度近い熱を発症し「コロナかも!?死ぬんじゃないか・・・」と恐怖を感じたといいます。

結果的に、PCR検査は陰性で、体調も数日のうちに回復したそうです。

そんな、死と向き合うような瞬間があったことで、これまでにないチャレンジをしよう!

と考えるきっかけとなり、2020年5月に、ひっそりと最高月収への挑戦を始め、最終日ギリギリで月収100万円を達成したということです。

達成した日は、「泣いた。」というほど、本人としても感動を覚えたそうです。

それでは、大村さんは、どんな点に気を付けて配達をされているのか?みていきましょう!

月収100万円超えUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはどうやっている?

それでは、大村さんの注意されている点や考え方について整理します。

インターネット上の情報で整理していくと、主に以下のような点を主に意識されているそう。

  • 道を覚える。住所を見た瞬間に配達に向かえるようにしている。
  • 配達員の数を見ている。渋谷で配達員が多すぎると思ったら、郊外に出てロングを取る
  • 自分なりのルールを持つ。例えば、朝はスタバやマック、昼過ぎはタピオカ屋、夜は牛丼屋に向かう、など。
  • 常に、なんで伸びないのか、を考え続けることが大事
  • 感動するような挑戦をすることが大事。

テクニック的なことと考え方をそれぞれ抜粋しました。

道を覚える、というのはよく聞く話ですが、配達員が多ければ郊外に出る、という点などは、人によっては眼から鱗のような話かもしれません。

実際、渋谷などでも大量に配達員が待機している状態だと、ほとんど入りません。

バイクで稼働している人は、状況に応じてどんどんエリアを変えると良さそうですね!

また、自分ルールを作ることで迷った時の行動を明確にできるため、これも取り入れるべきですね!

普通の人がUber Eats(ウーバーイーツ)で月収100万円超えは可能か?考えてみた

それでは、大村さんのマネをすれば、月収100万円を狙えるのか?

正直なかなか難しいでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕事は、1配達あたり1分縮めることで1配達多くできるというレベルの工夫が必要です。

大村さんが、常に考え続けることが大事と言っているのはこの点にあります。

よく通る道を少しでも効率的なルートにする、ピックアップの動作を減らすなど細かい工夫がたくさん詰まった結果、月収100万円という実績を作られてるわけです。

そのため、同じくらいの実績をあげるには、毎日考え続けてたくさんの工夫を凝らす必要があるといえるでしょう。

それでも、月収100万円はとても夢がありますね。皆さんも、一歩一歩、目指してみましょう!

他のデリバリーサービスと平均月収を比較!一番稼げるのは?

他のデリバリーサービスと平均月収を比較!一番稼げるのは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとしての最高月収もわかりましたが、今はたくさんのフードデリバリーサービスがあります。

実際、稼げるのはどれか?今回は「出前館」と「foodpanda(フードパンダ)」をみてみます。

比較の前提を整理

まず、前提としてはUber Eats(ウーバーイーツ)で前提とした働き方を基準にします。

  • 週2日休み 月22日稼働
  • 9時〜22時まで稼働(内1時間休憩)
  • バイク稼働

実施回数は、それぞれ個別に設定します。

それでは、それぞれの平均的な月収について考察します!

出前館との比較

出前館_ロゴ

出前館の場合、独自の差配システムという仕組みを採用しており、配達員は早押しでオーダーを取る必要があります。

また、Uber Eats(ウーバーイーツ)ほどは鳴りがよくないのも事実です。

一方で、エリアが限定されており配達しやすく、同時に3件まで取ることもできます。

よって、出前館はUber Eats より少し少ない33回実施可能とします。

また、都内での稼働を前提とします。その場合、以下のような計算となります。

<出前館の想定月収>

月間の配達回数

  • (平日)14日 x 33回 = 462回
  • (土日)8日 x 33回 = 264回

平日(12日) 462件 x 858円 = 396,396円

土日(8日)264件 x 1,001円 = 264,264円

合計:660,660円

出前館だと66万円と、Uber Eats(ウーバーイーツ)より6万円以上も稼げる計算に!

土日のブーストがかなり効いている印象です。

どんなに近くても1件の配達で1,001円ももらえるなんて、他ではなかなかないでしょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)との比較でいうと、平均的な収入は出前館の方が高いです。

foodpanda(フードパンダ)との比較

foodpanda_ロゴ

それでは、foodbandaの場合はどうでしょうか?

こちらは、Uber Eats(ウーバーイーツ)、出前館よりも更にリクエストが少ない印象です。

1日稼働した知人に聞くと、頑張った日でも30回で止まるのでは、ということでした。

よって、30回を前提に試算します。また、単価は都内で実際に稼働している人の1週間の平均単価から入れています。

<foodpandaの想定月収>

  • 30回 x 600円 = 18,000円(1日の平均報酬)
  • 18,000円 x 22日 = 396,000円

だいたい40万円程度の報酬と想定されます。

foodpandaは、以前、出前館の休日ブースト並の単価でとても稼げると話題になっていましたが、プロモーション期間が終わったようで急激に単価が下がってしまいました。

このように、提供企業側の力技で単価を上げている場合は、業績が伴ってこないと急激に単価がダウンしてしまいます。

その点、Uber Eats は企業体力は十分ですし、出前館もLINE社の支えがあるため安定感があります。

こうして比べると、Uber Eats が如何に稼げるかがわかりますね!

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの平均月収は、およそ50万円〜60万円とかなり高いです。

また、100万円を越す月収を稼いだ人がいるというのも驚きですね!

他のフードデリバリーサービスも、出前館など稼げるサービスは出ていますが一長一短あるため、まずは王道のUber Eats(ウーバーイーツ)に登録してみるといいでしょう!

 

人気記事
出前館の業務委託配達員の給料や収入について解説しています。 出前館配達員-給料出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。