Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館 稼げるのはどっち?使い分け方は?

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館 稼げるのはどっち? 使い分け方は?

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをはじめてるけど、だんだん稼ぎにくくなってきたな。

出前館が稼げるらしいって聞いたけど、Uber Eats(ウーバーイーツ)と比べてどっちが稼げるのかな?

具体的にどれくらい稼げるか、ダブルでやったらもっと稼げるか知りたいな。

こう思っている方も多いかもしれません。

出前館は、LINE社が買収して投資モード!

Uber Eats(ウーバーイーツ)を追い越そうとしています。

そのためか、今の出前館は単価も良く、また注文が多ければかなり稼ぎやすい働き方になっているんです。

  • そこで今回は、出前館は具体的にどれくらい稼げるのか?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)と比較してどれくらい稼げるか?
  • 効率的な稼ぎ方はどんなやり方か?

こうした観点で解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館の稼ぎを比較!

それでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館について、早速稼ぎを比較していきます!

まずは、それぞれの働き方についてどんな特徴があるのか、改めて整理しておきましょう!

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館のそれぞれの特徴は?

◆Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合

Uber Eats(ウーバーイーツ)で稼働の場合、以下のような働き方になります。

  • 時間の制約がなく早朝・深夜も稼働可能
  • エリアの制限がほとんどなく、どこまで配達してもいい
  • アプリから通知を待って受注
  • 同時に受注できるのは2件まで
  • ピークタイムにシミが出て高単価になる
  • 配達調整金額の影響を強く受けるため単価が大きくブレる
  • 日またぎクエストが大きな収益源になる

また、Uber Eats の場合、料金体系が複雑のため簡単に整理します。

ベース料金(以下の項目の合算金額)

  • 受取・受渡料金
  • 距離料金
  • 時間料金

配達調整金額(以下の内容が加味され一元的に支払い)

  • 交通状況が混雑していた場合のインセンティブ
  • 受け取りの待ち時間が長かった場合のインセンティブ
  • 配達需要が高かった場合のインセンティブ

だいたいこんなところです。

自由度が高い反面、ピークタイムの考慮や日またぎクエストの獲得が重要ということがわかりますね。

◆出前館の場合

それでは、出前館はどうでしょうか?

こちらは以下のようなイメージになっています。

  • 稼働エリアが決まっている
  • 単価が固定
  • リストから自分で注文を取っていく差配システム
  • 同時に3件まで受注可能
  • 働ける時間は10時から21時まで
  • 土日に高単価となるブーストが発生する

出前館の働き方では、これらの特徴があります。

制約がある分、エリア内で短いリクエストが多く、一方で単価は固定のため効率的に稼げるのがわかります。

それでは、これらを踏まえた上で、具体的な金額をみてみましょう!

※各売上イメージは東京都内の繁華街エリアでの稼働を想定した金額となっております。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の1ヶ月の売上イメージ

まずは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の売上イメージについてです。

前提として、月間22日稼働で、1日平均配達は以下のようにします。

<1日の平均配達>

  • 配達回数:35回程度
  • 配達単価:650円程度
  • 働く時間:9時〜22時(間に1時間休憩し12時間)
  • 月間22日稼働

これらを前提にした場合に、月間での報酬は以下のような金額となります。

<月間での報酬計算>

  • 35回 x 650円 = 22,750円(1日の平均報酬)
  • 22,750円 x 22日 = 500,500円
  • 日またぎクエスト報酬 94,000円 / 月
  • 500,500円 + 94,000円 = 594,500円(1日の報酬と日またぎクエストの合計)

約60万円の月収ですね。

普通のサラリーマンだと、20代の場合で20万円台の方が大半ではないでしょうか?

それに対して、3倍の金額が入ると思えば、とても稼げているといえます。

人間関係の悩みを感じることもなく時間もある程度自由に働けるので、こちらに切り替える方が多いのもうなずけますね。

それでは、出前館はどうでしょうか?

出前館の1ヶ月の売上イメージ

出前館の1ヶ月間の売り上げイメージは、以下のようになりました。

※平日は1.2倍のブースト、土日は1.4倍のブーストが掛かった配達単価で算出しています。

<月間での報酬計算>

月間の配達回数

  • (平日)14日 x 33回 = 462回
  • (土日)8日 x 33回 = 264回

平日(12日) 462件 x 858円 = 396,396円

土日(8日)264件 x 1,001円 = 264,264円

合計:660,660円

出前館の方が、6万円以上も高いという結果に!月収66万円です!

驚きの高所得といえますね。

といっても、固定されている単価の高さからいえば、当然の結果ともいえるかもしれません。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の日またぎクエストが、いくら熱いといっても単価は300円しか出ないときもあります。

それに対して出前館は、平日でも常に858円です。(※1.2倍ブーストが適用時)

Uber Eats(ウーバーイーツ)の悪い時と比べると2倍以上も開いているわけです。

これは出前館をやった方がお得と言わざるを得ませんね!

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館 おすすめはどっち?働き方別に解説

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館 おすすめはどっち?働き方別に解説

単純計算すると、出前館が稼げるということがわかりました。

でも、出前館にはそれなりに制約があります。

今回は、働き方別に、どちらを選ぶべきか?その理由も含めて解説します。

短時間で最大限稼ぎたい場合

短時間で稼ぎたい場合は出前館がお勧めです。

働く時間を短くすると、Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエストがクリアできなくなってしまうからです。

また、短い時間で稼ごうと思ったら、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合、シミの出ているピークタイムに稼ぐしかありません。

でも、逆にこの時間こそ飲みに行ったり遊びたいわけです。

つまり高単価で稼げる出前館の方が有利です。

出前館なら、どれくらい短く稼働しても決まった金額でもらえるのでとても安心して稼げますね!

早朝・深夜など好きな時間に稼ぎたい場合

それでは、次に早朝や深夜で稼ぎたいという方はどうか?

深夜に稼働したい人は少ないかもしれませんが、早朝に稼働して、朝の時間を有効に使いたかったり、運動も兼ねて健康維持にも活用したりと、朝働きたいというニーズは意外と多そうですね。

こちらは、Uber Eats(ウーバーイーツ)一択

そもそも出前館は受付しておらず、10時からスタートです。

深夜も受付ていないため、そもそも稼働できません。

時間的な制約がある方はUber Eats はありがたいですね!

配達をネタにYoutubeやブログでも稼ぎたい場合

次に、Youtuberやブロガーとしても稼働している場合はどうか?

これは、どちらかというとUber Eats(ウーバーイーツ)がお勧めです。

出前館の場合、SNSやYoutubeなどで情報発信することを禁止しており、アカウント停止になる可能性があります。

一方、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合はこの辺りの規制はなく発信しやすい状態にあります。

さらに、全国でみると、まだまだUber Eats(ウーバーイーツ)の方が対応範囲も広く認知度でいっても圧倒的にUber Eats(ウーバーイーツ)が高いので、発信した情報をみられる可能性が高いです。

その分、Youtubeでいえばチャンネル登録者数も伸ばしやすいし、ブログでいえばPVを稼ぎやすいといえます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館 稼げる使い分け方は?

働き方別に比べてきて、特徴がわかりましたね。

でもどちらかに完全に絞る必要はありません。

うまく使い分けて、最も稼げる状態が作れればベストですよね!

そこで、次に、うまく使い分けることで最も稼げるパターンはどんなやり方かを解説していきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエスト達成

まず、Uber Eats(ウーバーイーツ)のクエスト達成しましょう。

ここは大きいです。

月曜から木曜の平日であれば、だいたい90回をこなせればクエストが達成できます。

出前館の稼働できない、朝や、深夜帯をUber Eats(ウーバーイーツ)で稼働してクエスト達成を目指しましょう!

出前館のブーストでしっかり稼ぐ

次に、出前館のブーストがかかる土日祝日です。

ここは確実に出前館にコミットしていきましょう!

1件配達で、どんなに短くても1,001円入るのはかなり魅力的です。

短いと10分で1件終わることもあるわけで、早い人だと1時間に4-5件終わらせることができます。

つまり、時給4,004円となる人もいるということです。

これほど稼げるなら、他のことをやっている場合ではないですね!

土日の出前館でしっかり稼ぎましょう。

ならない時間帯はダブル稼働!

そうはいっても、鳴らない時は鳴らないのがこの仕事です。

平日の14時から17時の時間帯は、特に鳴らないこと多いです。

マクドナルドの店員さんにお聞きしたところ、全国の全ての店舗で昔からこの時間帯は店舗もデリバリーも注文がこない時間帯だそうです。

マクドナルドですら、そうなっているのでこの時間帯は仕方ないですね。

こうした時間帯は、ダブルでオンラインにして注文を取れる可能性を少しでも伸ばしておくといいでしょう。

まとめ

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館でどちらが稼げるのか?を比較してきました。

結論としては出前館が稼げるわけですが、Uber Eats のクエスト達成などうまく使い分けていくことでさらに収益が伸ばせそうです。

一方で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の報酬もどんどん変わっているように出前館の報酬も状況によって変わっていくことでしょう。

今回の内容を参考に、状況が変わっても柔軟に働き方を決めていくことが、今後稼いでいく上でより一層重要になりそうですね!

人気記事
出前館の業務委託配達員の給料や収入について解説しています。 出前館配達員-給料出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。