Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館稼げるのはどっち?【配達員が両方で仕事した結果】

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員と出前館配達員の給料はどっちが稼げる?

【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館配達員って結局どっちの方が稼げるの?
  • どっちの方が稼ぎやすいの?

という点を白黒はっきりさせたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と出前館、両方やってどっちが稼げるか

両方の配達員を東京エリアでやった結果、結論、現時点では出前館配達員の方が稼ぎやすいと感じています。

理由は1つ、

「出前館がかなり力を入れて配達員募集をしていて、現在の報酬が破格だから」です。

詳しくは後ほど解説しますが、大事なポイントだけ2つほど先取りして解説します。

・出前館配達員は固定報酬で、距離で変わらず報酬が一緒。毎回東京は715円(税込)が支払われる。

Uber Eats(ウーバーイーツ)に比べて距離が短いのに毎回こんな高単価が支払われるのがそもそもすごい。

さらに現在は報酬が1.2倍や1.4倍になるキャンペーンも行われています。

つまり、

出前館の配達を1件行った時の報酬

・1.2倍時の報酬1件・・・858円(税込)

・1.4倍時の報酬1件・・・1001円(税込)

ということになります。

配達未経験の初心者でも1時間に2件は配達できるので、

初心者でも1.4倍時であれば時給2002円稼げてしまいます。

さらに慣れてくれば1時間に5件配達する猛者もいるほどなので、1時間に3件程度配達するのは

全然行けます。

となると、時給換算3003円とかも、あるわけです。

この現在の1.4倍等のキャンペーンが終了したとしても、

715円(税込)×3件=2045円(税込)を1時間に配達することができればやはりとても強いです。

ということで、現時点では出前館配達員の方が個人的には全然稼ぎやすいと感じています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーと出前館配達員の稼ぎ方の違い

ではUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは全然稼げないの?

という人もいると思うので、ここではUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの稼げる仕組みについても解説していきます。

ウーバイーツ配達員は出前館と異なり、固定の報酬部分と、変動の報酬部分に分かれています。

まず、基本となる固定の報酬部分について解説します。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の固定報酬とは?

まず、出前館配達員の1件715円(税込)の報酬の仕組みと異なり、

Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達員は下記のように報酬が分かれています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの基本料金の仕組み

・受け取り料金・・お店から料理を受け取った時に発生する料金(東京エリアは固定で265円)

・受け渡し料金・・料理を注文者に届けた時に発生する料金(東京エリアは固定で125円)

・距離料金・・お店から注文者の場所まで届ける時の距離。(東京エリアは1kmあたり60円。)

・サービス手数料・・上記3つの基本報酬から10%の手数料が引かれる。

例えば、お店から3km先にある注文者の家まで料理を届け終わった時、いくら受け取れるかというと、

265円+125円+180円-サービス手数料10%=513円

で、1件513円になります。

出前館配達員はキャンペーンがなくても1件715円ですし、

何なら、お店から注文者の場所までの距離が1kmでも715円なので、

これは出前館の方が圧倒的やん

ってなりますね。

ですが流石にUber Eats(ウーバーイーツ)もこれだけじゃみんな仕事してくれませんよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)には出前館よりもインセンティブ制度が充実している

3kmの配達をしても、Uber Eats(ウーバーイーツ)の受け取れる報酬は513円程度でした。

これだけだとみんなやめてしまうので、

Uber Eats(ウーバーイーツ)にはインセンティブ制度がたくさんあります。

具体的には下記の4つの制度があるんですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのインセンティブの仕組み

・クエスト・・4日以内に100件配達したら+15000円のようなインセンティブ

・ブースト・・決められたエリアでお昼時やディナータイムに発生。基本報酬が1.2倍になったりする。

・ピーク料金・・決められたエリアでお昼時やディナータイムに発生。配達ごとに+150円になったりする。ブーストに似ている。

・チップ・・注文者が支払ってくれる。意外ともらえる。

例えばクエストで+15000円もらえて、

100件配達すると、1件あたり+150円。

100件の配達中ピーク料金が20件あれば、1件あたり+33円。

毎回の配達が513円だとしたら、

513円+150円+33円で、

1件の配達単価が696円になります。

こうなってくると、だいぶ出前館に近づきました。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを始める方は】

>>Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー応募ページ

結論:両方やってみて合う方を選べばいいと思う。Uber Eats(ウーバーイーツ)も出前館も登録は簡単。

ここまでUber Eats(ウーバーイーツ)と出前館配達員の両方を比較していきました。

結論、現在は出前館配達員の方が稼ぎやすいですが、

Uber Eats(ウーバーイーツ)はやってて楽しいんですよね。

両方とも素晴らしいサービスだと思います。

どっちも登録に時間はかからないので、興味がある人は両方の

配達をやってみるのをおすすめします。

多分、今回私がここで書いたことが腹落ちしてもらえると思います。

人気記事
出前館の業務委託配達員の給料や収入について解説しています。 出前館配達員-給料出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。