出前館の業務委託配達員の給料・月収はどれくらい?Uber Eats よりも稼げる?

出前館の業務委託配達員は稼げるのか?給料・月収を解説

新規募集停止が間近?出前館配達員で時給換算3,000円超え続出。
出前館配達員の時給換算3000円越え続出。
現役の出前館配達員164人にアンケートを取ったところ、なんと49人も「時給換算3,000円超え」を実現していました。さらに、「時給換算2,000円越え」は122人が実現しています。

10人中7人以上が時給換算2,000円越えを実現しているのです。(※集計期間:2021年5月11日~2021年9月1日・当方公式LINEにて50回以上配達経験者にアンケートを実施)

他のデリバリーサービスでも、ここまで高い報酬水準を実現するのは難しいのが現状です。

さらに先日、出前館公式から、「これから配達員に対しての追加報酬を増やしていく」という連絡もいただきました。(これ以上報酬増やして、どうなっちゃうんですか..?? 正社員の給料なんて余裕では..

なので、今から始めるのがかつてなく、「一番おいしい」タイミングです。

...ですが、現在出前館配達員の新規登録が非常に人気で登録が殺到しているため、 いつ「登録一時停止」・「新規登録再開の見込みなし」なんていう状況になってもおかしくありません。

しかも、これからもっと配達員が増えてくると、稼ぎにくくなるかもしれません。
さらに言えば、ここだけの話、「新規登録には登録料が2万円かかります」なんていうことになる可能性もあります。

下記ボタンが表示されている間は、まだ無料で登録可能なので、少しでも興味がある方は無料登録できる今の内に、登録だけしておくのがいいでしょう。

登録してから、実際に始めるのが1ヶ月後とかも大丈夫ですよ。今の所、まだ登録料は一切かかりません。完全無料で登録ができます。



↑↑(時給換算3,000円超えのチャンスは今の内です...)
【まもなく終了!】Uber Eats配達員登録で15,000円!
Uber Eats登録15,000円キャッシュバックキャンペーン
当方経由でUber Eats配達パートナーに登録し、条件を達成すると1回の配達で追加の15,000円の報酬が受け取れます!

普通にUber Eats 配達パートナーに登録したら、15,000円分損した…!

なんてことにならないよう、期間限定の今のうちに登録しておくことをおすすめします!
15,000円の獲得方法は下記ページで必ず確認してください。

>>【15,000円もらえる】Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録方法・始め方


出前館の業務委託配達員は稼げるのか?給料・月収を解説

出前館の配達員って、たまに見かけますよね?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは意外と稼いでいるという話はよく聞きますが、実は今、出前館の配達員もすごく稼いでいます!

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして荒稼ぎした人が、今はこっちの方が稼げるという理由から出前館の配達員に乗り換えて稼働しているというケースも多いそうです。

でも、出前館ってアルバイトじゃないの?と思われる方も多いかもしれません。

出前館の配達員の仕事は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーに影響を受けて多様化し始めています。

今回は、出前館がどれくらい稼げるのか、実際に稼働している方の話も交えながら解説していきます!

出前館の働き方:業務委託とアルバイトがある

まず、出前館の働き方の前提として業務委託とアルバイトの2種類があります。

出前館のアルバイトと業務委託の差は、以下のような点があります。

業務委託 アルバイト
報酬 歩合(650円〜) 時給(1,000円〜)
シフト 自由 シフト制
服装 自由 制限あり
備品 自身で準備 店舗支給

出前館のアルバイトは、エリアによって時給1,000円〜1,300円程度となっています。

これは普通のアルバイトより少し高いかな?くらいの金額ですね。

一方で、稼げるのは業務委託配達員の場合です。

1件あたりの報酬は以下のようになっています。

  • 東京 → 715円 / 1配達
  • その他の都市 → 660円 / 1配達

※沖縄エリアは550円

つまり、1時間に2件以上配達ができるなら、業務委託の方が稼げる計算です。

では、実際に1時間稼働した時にどれくらい配達ができるものか?

出前館で業務委託配達員をする場合の条件から順を追って説明します。

◆出前館の業務配達員は早押しゲーム

出前館の業務配達員は、配達リクエストが同時に複数の配達員に飛んで、先に取った人がリクエストを受けることができます。

注文が多ければ、特に気にすることはないですが、注文が少ないと、仕事に慣れていて早く取れる人が有利になります。

これは結果として、稼げる人と稼げない人での差が開くということにつながります。

◆出前館の業務委託配達員は、エリアが限定されている

出前館の業務委託配達員は配達拠点を登録をして、決められたエリア内で配達をします。

つまり、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーのように、10kmも先に配達するということはほとんどありません。

その分効率的に配達件数を稼ぐことができます。

それなのに、一律で高単価がもらえるのはとても嬉しい設定ですね!

この条件だけ見ても、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーよりも稼げそうな印象です。

◆出前館の業務委託配達員は、同時に3件までリクエストを受けられる

出前館は、エリアを限定しているからこそ、3件までのリクエスト獲得を許しています。

Uber Eats、menuなど他のデリバリーサービスでは長距離配達もそれなりにあるため、3件も同時に配達していたら、3件目は冷めてしまうかもしれません。

また、夏場などは保冷バッグを使っていても、衛生面で心配になります。

出前館だからこそ、許容できるポイントになっていますね。

業務委託の給料・月収イメージ<関東の場合>

それでは、実際に出前館の業務委託配達員は月収でどれくらい稼いでいるのか?

関東の場合から、見ていきましょう。

まず、稼働時間、日数、想定件数を設定します。

  • 稼働時間 :10時間稼働
  • 想定件数 :3件 / 時間
  • 日数 :20日稼働

少し緩やかに稼働したとして、これくらいが一般的です。

専業で働いている方は、実際には週6で働き、稼動時間も12 〜 14時間くらいやる方も。

配達件数については、3件程度が平均的です。

それは、先ほど記載した内容も含めて、以下の要素があるためです。

  • 出前館の場合、エリアが限定されており近場の配達が多い
  • 同時に3件まで注文を受けることが可能
  • 一方でUber Eats よりも注文は少なく、取れない時も多い

このように、配達がしやすい仕組みになっており、達人レベルの方になると平均で1時間に4件以上配達する人もいるとか。

一方で、Uber Eats と比べてリクエストが来ない時間帯が多いため、結果的に1時間で3件くらいが平均的な件数となります。

実際に、Uber Eats と出前館の両方と契約しているハンバーガーチェーン店や、カフェ、居酒屋などで聞き込みをすると、Uber Eats の方が、出前館よりも3倍くらいリクエストがくるんだとか。

このリクエスト数の差が埋まってくれば、出前館は更に稼げるようになるかもしれませんね♪

それでは計算してみましょう。

<関東での月間件数>

10時間 x 3件 x 20日 = 600件

<関東での想定報酬>

600件 x 715円 = 429,000円

このような数字になります。

週2日以上休んで、緩やかに稼働しても50万円は超えるくらいのイメージですね。

日本の初任給だと20万円ちょっとなので、全然稼げます。

ここまでは、通常の支払いプランでの計算ですが

実は今、出前館は業績拡大を目指し力を入れていて、対象のエリアでは平日1.2倍、土日祝1.4倍ブーストが報酬にかかります。

つまり、都内の単価は最大で驚愕の1,001円です!

これをベースに試算すると、以下の金額になります。

<関東でブーストでの想定報酬>

平日(12日) 360件 x 858円 = 308,880円

土日(8日)240件 x 1,001円 = 240,240円

合計:549,120円

緩やかにやっていても、55万円近くにもなります!

相当稼げることがわかりますね♪

計算しませんが、30日ある月を全て稼働した場合、1.5倍の金額には達するので70万円以上の月収になる計算になります。

業務委託の給料・月収イメージ<地方の場合>

では、地方都市での活動の場合はどうでしょう?

こちらも、同様の前提条件で計算します。

  • 稼働時間 :10時間稼働
  • 想定件数 :3件/時間
  • 日数 :20日稼働

<地方での想定報酬>

600件 x 660円 = 396,000円

また、こちらも今は1.4倍ブーストがかかりますので、

ブースト時の計算をします。

<地方でブーストでの想定報酬>

平日(12日)360件 x 792円 = 285,120円

土日(8日)240件 x 924円 = 221,760円

合計:506,880円

地方都市でも20日稼働で月収で50万円を超えます。

関東と同じですが、毎日やれば70万円も超えていきます。

出前館が今、如何に稼げるかがわかりますね!

他のデリバリーサービスと給料・月収を比較!関東での稼ぎはどうか?

出前館業務委託配達員と他のデリバリーサービスとの比較

それでは、他のデリバリーサービスと比較をしてみましょう。

代表的な、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーでの場合からみていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合

  • 稼働時間 :10時間稼働
  • 想定件数 :3件/時間
  • 日数 :20日稼働

<関東での月間件数>

10時間 x 3件 x 20日 = 600件

<関東での想定報酬>

600件 x 700円 = 420,000円

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの場合、日またぎクエストというのがあります。

例えば、月 〜 木曜日の4日間で合計90回配達すると15,000円もらえる、などの追加報酬があります。

今回のUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーでの想定数字は、実際に2021年5月にバイクで稼働した場合の数字から算出しています。

同じ時間働いた場合、出前館の方が稼げているようです。

ただ、出前館の方が圧倒的にリクエスト件数が少ないこともあるため、時期によってはもっと配達件数に差が出ることもあります。

出前館のリクエストが全く来ない時に、Uber Eats のリクエストはたくさん入ってくる、ということもあるので、安定感はまだUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの方があるかもしれませんね。

menu(メニュー)の場合

こちらも、実際に関東で稼働した場合のデータを基に計算してみます。

<関東での月間件数>

10時間 x 2,7件 x 20日 = 540件

<関東での想定報酬>

540件 x 700円 = 378,000円

menuの場合はランクという制度があり、やればやるほどブーストの倍率が高くなる仕組みをとっています。

今回は、B1というランクを基準にしており、単価としてはまだまだ浅い方になっています。

最大で、S1というランクまであげることができれば、単価は2倍となり大幅に報酬が上がるため、menuを専業でやっている人はかなり稼いでいるかもしれません。

しかしながら、ランクをS1まであげるにはかなりの数を配達する必要があり、すぐにはたどり着けないのが現状です。

また、menuのリクエスト数を、同様にハンバーガーチェーン、カフェ、居酒屋のスタッフに聞いたところ、出前館よりも更に少なく、なかには全く来ない日もあるんだとか。

リクエストがそれだけ少ないということは、安定的に配達をしていけない時もあるわけで、ランクを上げるのは結構大変かもしれません。

そう考えると、数あるデリバリーサービスの中では、なかなか選びにくいというのが実情となってきます。

京都で出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーをする人にインタビュー

それでは、より具体的な例をご紹介します。

実際に、京都を中心に、出前館とUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを掛け持ちでやっている人に聞いてみました。

まず、簡単にプロフィールをご紹介します。

  • Mさん 女性
  • 30代
  • 副業でいくつかのお仕事をされていて配達の仕事は1日8時間〜10時間

ざっくり、こんな方です。

それでは、どっちが、どれくらい稼げるのか?

結論、出前館が稼げるそうです。

実は、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの新料金体系が京都では、全国よりも早く導入をされていました。

その影響なのかわかりませんが、京都のUber Eats(ウーバーイーツ)の配達単価はかなり下がってしまっており、全然稼げない印象だといいます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの1件あたりの最低報酬額は300円と決められているんですが、この300円が連発する状況なんだそう。

土日の出前館と比べて1/3以下の単価ですね。

これほど下がってしまうと、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとして稼働する意味がないのですが、一方で日またぎクエストは高い金額がついており、2万円を超えることもあるといいます。

その状況を踏まえて、京都で働く方は以下のように使い分けているそうです。

  • 基本は出前館を中心に稼働
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーは日またぎクエストクリアがメイン
  • 出前館が鳴らない時はUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーで稼働

このような使い分けをすることで、効率的に稼ぐ工夫をされています。

内訳までは教えてもらえませんでしたが、トータルでは55万円は簡単に超える月収だということでした。

また、今回の記事では比較に出していませんが、foodpandaも稼げるという情報を仕入れたそうで、現在調整中だとか。

京都など地方での稼働であっても、工夫次第でしっかり稼げるようですね!

まとめ

今回は、出前館の働き方や報酬の仕組みから、月収でどれくらい稼げるのかを他社比較も交えながらご紹介しました。

出前館の場合、しっかりリクエストがくれば、だいたい55万円くらいは地方都市でも狙える金額であることがわかりました。

一方で、出前館が鳴らないこともあるし、Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの日またぎクエストもあるので使い分けが重要そうだ、ということもわかりました。

いずれにしても、出前館はかなりおすすめですね。

当サイトでは当方の紹介コードを使って出前館配達員に登録された方に、最大20,000円のキャッシュバックキャンペーンも行っておりますので、興味のある方は是非ご確認ください♪

人気記事
出前館の業務委託配達員の給料や収入について解説しています。 出前館配達員-給料出前館配達員の給料・収入を解説。バイトより稼げるのかと時給換算も解説。